一緒に住んでいるパートナーがアトピーです。一緒に暮らし始めて、必然的にうちの犬とも一緒に生活を始めたのですが、そのころからアトピーがひどくなってきていました。

本当にひどい時は全身が炎症して赤く腫れ上がり、綿の服も擦れて痛くて痒くて眠れないような状態に。
薬を塗って一時引いてもまたすぐにひどくなるし、肌の乾燥が強く、ワセリンを塗っていたのですが、寝ている間に乾いてしまい痒くなってしまうので、なにか他にできることはないかと調べる中でいろんなものを作って試してみました。
肌に合わないものもありましたが、その中でも肌や布用のハッカスプレー、ラベンダー入りの化粧水、そして今回ご紹介する保湿のための蜜蝋クリームは、ほぼ毎日使う頼もしい味方になりました。

*********

症状とのポジティブな関係性

蜜蝋クリームを始め、肌につけるものは薬以外手作りです。

なぜ手作りするの?というと、自然に近いものでケアできるのであればそちらを使ってみよう、というのが始まりだったと思います。
自然にあるものでケアできるなら素敵だ、という価値観が共有されていたからすぐに試し始めたんだと思います。

ですが自然のものだからと言って、いいことばかりあったわけではありません。
肌に合わずにすぐに使わなくなったものもありました。
また僕が潜在的に持っていた、薬に頼ってはダメだ、という偏見から薬のデメリットばかり伝えていた時期がありました。
しかし、薬をやめてから状態が悪化して、微熱が出て寝込み、「死んだほうがマシだ」とあまりの辛さに涙を流すパートナーを見て、自分が頭で作り上げた正しさに固執することはいい結果を生み出さないことを理解していきました。

そんなこともあり、薬、化粧水、蜜蝋クリームによる肌のケアや、掃除、食事、というようなことを気をつけて生活するスタイルに徐々に変化していきました。それはお互いにとって負担の少なく心地いい暮らしです。

薬も大事です。必要な時に使うことで目に見える効果を出してくれます。
(ちなみに薬とはステロイドの塗り薬のことです。)
しかし、炎症を薬で抑えることのみがアトピーに対処できる方法ではなくて、肌の状態を整えるための生活やケアを取り入れたり、肌が反応する元に対して掃除を徹底することで負担を減らしていくなど、自分たちでできることもたくさんあります。

自分たちでできることを実践することは、病と関わることで人生の質を変えていくような、病との「ポジティブな関係性」が生まれるのではないでしょうか。
辛さが消えるわけではないですが、病は人生の重みではなく、人生の転機としてとらえることができるのではないかと思います。

*********

作り方

*蜜蝋        10g
*ホホバオイル    60g
*ラベンダーの精油  10滴くらい
*ガラス瓶(ジャムの瓶を煮沸消毒して使っています。)
*サジや割り箸

1、計りで蜜蝋、ホホバオイルをはかり、瓶に入れます。
IMG_2332

2、蜜蝋とオイルを入れた瓶を湯煎にかけ、完全に溶けるまで放置します。
image

3、溶けたら瓶を湯煎から取り出し、自然冷却させながらサジで混ぜます。そんなに頑張って混ぜなくていいです。なにかしながらのんびり混ぜましょう。
急いでいるときは、いいのかわかりませんが、瓶をボールに入れた水につけてかき混ぜます。
混ざるので大丈夫だと思います。
image

4、冷めてくると少し色が濁ってくるので、そのタイミングで精油を入れます。
精油を入れたらさらにかき混ぜ、もういいかな?という気持ちになったらかき混ぜるのをやめます。
その辺はあまり厳密でなくてもあまり変わりはない感じがします。

5、熱が冷えてクリーム状になったら完成です!

蜜蝋クリームは保湿材として、化粧水の後に使っています。乳液は使っていません。
お風呂上がりと朝起きてからの二回、毎日使っています。
薬を使うときは化粧水→薬→蜜蝋クリームの順番で使います。

未精製のものを使っているので、肌にとって良い成分がいろいろ入っているらしく、肌がもちもちしてきた感じがします。(使い始めて2ヶ月くらい経ちました。)
肌への刺激も少ないようですが、蜜蝋が多すぎると少しだけ刺激を感じたことが一度だけあります。

炎症に対してラベンダーが効果があるかな?と思い、精油を入れてみると肌への浸透する感じが変化しました。
炎症が治まりやすくなったかはわかりませんが、最近はひどかった下肢の腫れが引いてきています。

そしてとにかく大事だと痛感するのは「掃除」です。
僕のパートナーの場合は、ダニアレルギーの数値が振り切れるほど高いので、日々のこまめな掃除、特にかゆみや炎症の起こりやすい場所の掃除は必要です。
うちの場合は特に、寝室や寝具の掃除が功を奏しているようです。
「1畳につき1分」のスピードでゆっくり掃除機をかけることで、ダニを吸い出すことができるという記事を見かけて実践しています。
かなりの効果を感じます。
肌のケアと同時にアトピーを起こす原因に対処することはとても大事だと思います。

******

あまり良くならずに、絶望的な気持ちになることもありました。
だけどいろんなことをやってみる中で、少しずつ希望が見え始めています。

やろうと思ったことを軽い気持ちで試してみること、それはただの悪あがきに見えて実は人生を変化させていくエッセンスなんじゃないかなあと思います。

*****

参考にさせていただいたリンク

http://atopyandsobo.org/?p=1055

ダニ対策をするモチベーションになりました。とても具体的にわかりやすく対策が書いてあります。

他にも参考にさせていただいたリンクがあるはずだけど忘れてしまったので、見つけ次第更新します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください