意味や価値を勝手に見出すことほど楽しいことはない。


 アラハラスヤッホは、人が山に入る理由を作る会社です。現在は主に森林整備を行なっています。2022年10月より、会員制の自然享受権の提供を始めます。

日本では、山に近づけば近づくほど、自然とのせめぎ合いの中に暮らしがあります。管理していない土地は、あっという間に森に飲み込まれてしまう。日本の森にはそんな強さがあります。日本の里山の美しさは、そんな自然との終わりのない関係性によって育まれてきました。

時代の変化とともに、私たちはそんな自然に意味や価値を見いだせなくなりました。かつて「里山」として暮らしにさまざまな資源を提供していた山々も、今ではほとんど人が入らなくなりました。人が立ち入らなくなった山は、人々の暮らしを侵食し、動物を寄せ付け、時には災害を引き起こして人に被害を与える「厄介な土地」になっています。

私たちが今行っている県や国が補助する森林整備は、人が入らなくなり発生した「厄介な土地」という問題を改善する目的があります。放置された山は災害を起こす可能性を高めるからです。

その「厄介な土地」に日々足を踏み入れていると、決して同じではない無数の素材や空間に美や意味を見出している自分に気づきました。山の素材や空間のように、意味の定まっていないものは、自由に意味を見出す余白を持っています。私は放置されている山々を「意味から解放された土地」としてポジティブな捉えるようになりました。
 意味から解放された山は、個々人が自由に意味や価値を見出して楽しむ余白が生まれたのです。私は宗教や文化、多くの芸術、発見がその余白から生まれたのではないだろうか?と考えています。

 山は意味的なフロンティアなのです。何が生み出されるのかは全くわかりません。ただ余白のある広大な空間が、私たちのそばに広がっているのです。

 アラハラスヤッホは、そのようなフロンティアに飛び込む人々のためにありたいと考えています。無数の多様な山や環境との関わりが、そしてそれを受容し愛であう文化が、予想もつかない面白い未来を見せてくれるように思えてならないのです。

代表社員 吉田泰志